主食は杏仁豆腐。

月明かりの下で和装のKAT-TUNを眺めたい。

亀と山Pありがとう!そして山Pへ~

 近所の中学校の体育祭で 「 背中越しのチャンス」が流れていて マミーと(☝ ՞ਊ ՞)☝ウェーイってなってた(笑)選曲センスナイス!!!結構 あちこちで流れてて遭遇するとめちゃめちゃアガる~~!Happinessあざーす。

 

 押し寄せるロスの波〜 (ニョロ)

 それにしても寂しいのう…  。

最終回、、来て欲しくなかったよ、、、。終わりが辛い、、、だけど見たい、、、でも、終わりは来る、、、そして、亀と山Pもそれぞれの道へ~(ニョロ)

 

  かめたんはこれからソロコンの準備と(楽しみにしてるね♡) 24時間テレビの諸々もあるでしょうし、ぴーちゃんはヘリコプター乗りにお台場行っちゃったしなーーー! ふたりは次のお仕事に向けてしっかりと切り替えていると思われるんだけど、一般ぴーぽー脳内花畑な視聴者としては、それぞれの事情云々よりも、「 亀と山P 」 を「 ボク運 」 をずーとみていたかった!毎週の癒しだったし楽しかったよ!素敵なドラマをね、ありがとう!

だから暫くはロスらせておくれよー

そして、今回のドラマを通じて。

ぴーちゃんの事をブログに書く日がくるなんて思わなかったけれど、私ね、ずっと誤解している部分があったんだ… 誤解と言うか勝手な思い込みってやつです。でも、当時は野ブタ修二と彰も大好きだったし、彰のキャラが特に好きだった。野ブタ時代のふたりと言えばまだ、かめたんは19歳、ぴーちゃんは20歳、ふたり共が尖っていて危うくて、だけどキラキラ眩しくて… 。

 

そして、野ブタ最終回とアミーゴでの歌番組の露出が終わって、かめちゃんはKAT-TUNとしてデビュー、ぴーちゃんは、にゅすとしてそれぞれの場所へ そこからは離れていくのは不自然ではなくて自然もの、これまでお互い接点がなかっただけで、そして、派閥と言う壁がいちばん諸悪の根源でこれのお陰で、どれだけの可能性を諦めてきた事か!

 

ぴーちゃんは Jr.時代からずっと先端にいる人、にゅすのセンターだった人、ドラマの主演、カリスマ性、そして、端正過ぎる顔立ち、表情にはあまり出さないクールビューティ。心を許すときっとフレンドリーなんだろうなって(気を悪くしたらすみません) まぁ、当然 私は KAT-TUNファンなので、にゅすもぴーちゃんの事もあまり気にかけず過ごしてきたし、

グループを抜けてソロになった時に真っ先に頭に浮かんだのが、「 あの人の影響かな… 」って思っていたし、だとしたら事務所も退所してしまうのかなって… (マイファミの印象があまりに強すぎて、あの件とかあの件か、、、) 真実なんてどうなのかわからないけれど、そんなこんなで、表面だけちょっと知っていて本当はどんな人かもまともに知らないでいました(すみません)

 

そして、2月、ボク運のコンビ発表に驚き、修二と彰復活に歓喜し、またあの2人が見れると思うだけで、事務所ありがとう!亀と山Pありがとう!日テレありがとう!お偉いさんありがとう!と言う気持ちを噛み締めていました。

かめたんが、ぴーちゃんと最近よくあっていると発信していた時期から、何かしらお仕事あるんじゃないかな…? って淡い期待を抱いていたけれど、こんな最高なパターンで復活してくるとは思わなかった!!!

ビジネス仲良しだとも言われているけれど、

私は、そうは思わないかな。多少なりともドラマの事を考えて多少盛る部分もあると思うけど、不仲説もたくさん書かれたり、口をきかない時期もあったと本人達も話ている、だけど、その件は後々既にエピソードとしてネタになって今こうやって話せるって事は大人になった証ですね。成長する段階での衝突はあって当たり前だと思う。

そんな事を踏まえて、12年振りに並んだふたりに泣いたーーー!!! そして、紙媒体の露出のやばさ!どの雑誌も最高過ぎるビジュアルで決めてくる。テキストを読む度に山Pと言う人を知る、私の中の何かがボロボロと剥がれていく感じ、かめたんが語るぴーちゃんの優しさと気遣い、仕事に対する姿勢と努力…。かめたんが言うんだから間違いないよ!(上からですみません)

f:id:Rey-10ks322:20170619210408j:image

お互いを褒め合い讃えあい、昔からの親友であり、親友…って見出しで書いてあるの見るけど、ちょっと私的には 違和感はあるんだけどね、ふたりが大人になって、ひょんに接点出来て、様々な事を理解出来る心と、お互いを受け入れる心とか、、

だから今まさに親友になったってほうがしっくり来るんだけどねー!まぁ、お互いいつからが親友なのかなんてきっと内面次第だし、どうでもいいのかも知れないね。仕事仲間であり、ライバルであり、切磋琢磨できて、褒め合い、素敵な関係でこれからも居てね。屈託無く笑うかめたんとそれをフンワリ優しい眼差しで微笑むぴーちゃん、柔らかい表情でいるふたりを見ると何かね、不思議な気持ちになる。12年と言う歳月の運命と、お互いにおける状況が少しだけ似ていて、同学年で、総武線仲間で!なんかやっぱり運命かもね!そして、30代のカッコよさと、少年ぽさと可愛さ、亀と山Pでしか出せない魅力が本当に好きです。

 楽しかった、ありがとう!おこがましいですが、ぴーちゃんの事、これから少しづつ勉強するね。ボク運は終わってしまったけれど、7月の「 MUSIC DAY 」 に「 亀と山P 」 が出演嬉しすぎー!!!生きられーるー

諦めないで!要望は送り続けましょー!!!ジョーさんはテレ東音楽祭おめでとう!

そして中越しのチャンスじわじわ売れ続けているのもすんごいです!1ヶ月前の発売だけど、また、デイリー8位とか20位以内を行ったり来たりしているからねー ありがたい事ですよ。

 f:id:Rey-10ks322:20170619210553j:image

 それから、最終回、最後ちょっとだけモヤモヤしちゃったんだけどね、スペシャルとかで伏線全回収で!って勝手に思っています。

 

 

 
 
【ブレない気持ち】

あとね、私のコアは常にKAT-TUNと言うグループありきです! KAT-TUNKAT-TUNであり、亀と山Pは亀と山Pなので、ちゃんと線引きをしています。 KAT-TUNの3人が幸せになる事が願いであり、今の努力や露出が必ず認められる日が来ると思っています、3人のピースがきっちりとはまる時を待ちます。