読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主食は杏仁豆腐。

月明かりの下で和装のKAT-TUNを眺めたい。

田口淳之介が脱退を発表した夜から

KAT-TUN

 

5月1日をもちKAT-TUNが充電期間に突入した。まだ 夢なんじゃないかな?と思う事がある。

 

本当はKAT-TUNと言うグループは存在してなくて 今まで見てきた事は誰かが作ったバーチャルな世界だったのかも知れない…。なんて、非現実な事もぼんやりと考えたりして10Ks 東京3daysに参戦して自分なりに待つ覚悟ができた。そして毎日 前向きに彼らと戦う人達であふれるTwitterのワードの数々 それをスクロールしながら自分の思いとリンクする言葉を見つけては感傷に浸ったり泣いたり笑ったり大爆笑したり鼻血だしたりワクワクしたりほっこりしたり SNSの良い所だけ頂戴しています。 

くそ!いつまでも待ってやる!!!

何よりも嬉しいのが新規さまの沢山の事。ありがたい…ありがたい本当にありがとう。

私は元々キンキファンでそこからKAT-TUNに降りた。まあ歴は古株の部類かも知れないけど、いつからのファンだとか何出とか全然どうでもよくてファンに歴なんて関係ないと思っている次第である。 寧ろKAT-TUNを好きになってくれてありがたいですし(上からでスンマセン)「 誰のどんな所が好きなのか? 」とか「 何に落ちたのか? 」とか聞いて回りたいくらいです。

今まで食わず嫌いでいた方々のブログやツイートを読むと嬉しい限りでもっと深く知って欲しいと思う反面 このタイミングで充電か…と歯痒い気持ちです。充電を期にFC入会とかありがたすぎ

 

  禁断症状あらわる。

この前 亀ちゃんが夢に出て来た。おめでたい事に新しいドラマのお知らせで 飛び上がるほど嬉しかったので  亀ちゃん好きな友達にLINEを送りまくったところで目覚めてしまった。「 あ、これ夢じゃん … 」  夢の中で夢だと悟る。朝からガックリと疲労増 。よくよく考えれば亀ちゃんが夢に登場してくれただけでものすごーくありがたい事なんだけど 何で良いところで目覚めたかな もう、誰かドラマに出てくれー!特に中丸君!!!あんなにコンスタントに出てたのに最近出なくなって 寂しいんですけどね!!!ドラマは当分出ない方向ですかね? !今まではレギュラーがあって シングルをリリースすれば歌番組やらバラエティに出演して宣伝させて頂けて、年末特番諸々も当たり前で本当は大変な事だよね…)とまでは行かないけれどそう言う流れに慣れていたので いかに傲慢な生活をしてきたのかが身に滲みてわかる。

ライブツアーも無い KAT-TUNとして3人一緒の出演が無くなる事、本当にたっちゃんの言う戦いなんだなって事を思い知る、だから自分も何か小さいことだけどKAT-TUNのプラスになる事をコツコツやって行こう…小さな事だって積もれば山となるから。

 

 

 聖がやめた時に次に脱退者が出たら解散かも知れないというニュアンスを冗談ぽくメンバーが発言していたのを思い出した。それだけあの4人の誰かがこれから脱退するなんて1㍉も思わなかっただろうし まさか 田口君が脱退し事務所を退所するなんて  どう考えても青天の霹靂 天変地異としか思えなかった。

 
「 あの田口淳之介KAT-TUNを辞めたんだ。」

3月末でKAT-TUNを脱退し事務所を退所した。田口君が居なくなってもう2ヶ月過ぎた。何だか随分昔のような妙な気分です…。悪夢のあの夜、残酷にも時は進み春が来て桜の舞うステージに彼の姿はなかった どれだけ疑問の言葉を投げかけたか どれだけの涙をながしたか 本当に辞めて欲しくなかった。田口淳之介と言う人間が誰かに操られているんじゃないかと思うほど違う人間に見えた。

 

とうとうKAT-TUNが解散するかも知れない…。

私は当初 田口君を許せなかった。仁と聖の脱退騒動を乗り越えしかもKAT-TUNの10周年と言う大切な区切りの年で本来ならば事務所に押して貰えメディア露出が増えるはずだった(100%そうだとは言い切れないけど)そんな時に脱退を発表した事も発表の仕方も どうかしていると思うしかなかった。言い方は悪いけれど「 田口君がKAT-TUNを壊す…」とさえ思った。到底受け入れられない理解ができない 考えるだけで涙が後から後から溢れ出す。そんな日が続きKAT-TUNの曲さえ怖くて悲しくて聴けなくなって遮断した。

 

だけど、春まではKAT-TUN田口淳之介は変わりなく画面の向こうで笑っていてアンドロイドじゃないか??彼の感情はどこにあるんだ?あの夜からの田口君が不気味で仕方がなかった…。レギュラーであるニッポンの出番やタメ旅 少プレでは脱退イジリをするくらいジメジメしてはいなかった 。
 

そう、だから、時間というものは恐ろしく人の心を変化させてしまう…。

それはそれで楽しんでみている自分がいて 心は少しづつだけど受け入れる事ができるようになって行った?違うな?受け入れてはいない…そんな簡単な事でもない、ならざるを得なかったと言った方が正しい。

時というものは恐ろしいよ本当に。

quarterのラストで田口君が泣いていた。今思えば彼の中で結論は出ていたからだろう 、そう思うとあの涙が腑に落ちる。彼は彼なりに悩んでいて結論をだした。このタイミングの脱退は田口君だって相当な覚悟を持っていたに違いないし、きっとよほど重大な事があるのだろう。誰にも決定的な理由は明かさないメンバーも知らされてはいないと言っている。

ファンとして本当の理由は知りたいし納得いくまで説明して欲しいし責めたいのは本音だけど そうしたってKAT-TUNが充電すると言う事実と現状が変わる訳じゃない。田口君の口からいつの日か理由を明かしてくれる時がやってくるかも知れない 自分も今よりも大人の考えができるはずだろう そしてKAT-TUNの3人を今よりもずっとずっと大好きになっていて田口君の存在なんて忘れているかも知れない。

田口君はいつだって天真爛漫で笑顔を絶やさず揉め事を嫌い全力でパフォーマンスをする努力家 。ギャグが滑っても冷たい空気が流れてもメンバー全員につまらないと言われても困ったように笑い挫けない心の持ち主。そして何よりも KAT-TUNが好きだとKAT-TUNを嫌いになった事がないと結成当初から言っていたのは田口君だけだった。KAT-TUNは青春だった 嫌いになって辞めるのではないと…。           

何も発せずに辞めて行ったのは田口君なりの礼儀だったのかも知れないし、ありがとうやさようならを言う事だけが別れではない。

だけど田口君!!!SNSでの登場が早くて 何かすんごーーーく気が抜けたのも本音です!!!でもね、姿が見えなくて心配して搜索がかかるよりも元気な姿を見れるだけで良かったなって思う!

本当に惜しいよ。また全力のダンスパフォーマンスをみたいし田口君をもてあますのは勿体無い。

 

4人が大好きだった

6人の魅力も5人の魅力もその時代それぞれあると今は思えるようになった。脱退がなければきっと気づかない事や流してしまいそうな事があったと感じる 傷ついてボロボロになってもKAT-TUNKAT-TUNである限りついて行こうと思う

だからKAT-TUNありがとう… KAT-TUNを残してくれてありがとう…ずっと好きこれからも。

 

2人の脱退についてちょっと触れてみる

仁に関しては、最初のアメリカ留学のゴタゴタの時は流石に驚いた。        

何となく言葉では 「 赤西らしいとか自由だな 」とか そんな感じに強がって流していたつもりでもやっぱり「 何故今なの? 」という疑問しかなかったし KAT-TUNの歌割やパフォーマンス諸々がどうなってしまうのかという不安しかなくて そして報道や週刊誌はやっぱりネガティブな事ばかりだった 。ファンの間でも色々な臆測や噂がされた 私はとにかく「  仁 帰えってくるかな… 」と そればかり思っていた。

 

帰国後 彼はKAT-TUNに戻った。その時の会見は今でも鮮明に覚えていて、亀ちゃんの真っ赤なジャケットとか、仁の髪が長くてモサいなとか眉毛手入れしたほうがよくないか?とかそんな事を思いながらテレビにかじりついていた。

赤西仁の歌声が好きだった。

それは今でも変わりがない 亀仁のハモリが死ぬほど好きでまた 2人の歌声と6人のパフォーマンスを見られる事が何よりも嬉しい事だった。

そんなゴタゴタも日々日々薄れて行く 相変わらずKAT-TUNのリリースする楽曲はストライクで自分の中ではキプフェから仁が脱退するまでのラブユア辺りの楽曲とPVが好きで今でもルーティンで聴いている。神としか思えない楽曲のセンス達とKAT-TUNしかない独特のカラーは今後もう出て来ないと思う、ジャニーズと言うキラキラ王子様のアイドルが定番の世界において、型破りなギラギラでセクシーでロックで生意気な路線を切り開いた。だから、今後、KAT-TUNと同じ路線を狙うグループはもう二番煎じになってしまうのだろう。

 

その後、仁はソロ活動で海外ツアー発表。KAT-TUNのツアーには参加しないとの事で この時はあぁもう終わったな… と思った。

どう考えても不自然過ぎた別々ツアーで決定的な事はだいたい把握出来た。今思うと仁が脱退するあたり期間の記憶があまり無い!仁がいつかの雑誌のインタビューに夢はKAT-TUNで世界デビューと語っていた その時はそうだったのかも知れない だけどKAT-TUNと彼の少しづつのズレが大きなモノになって音楽性の違いや彼のやりたい方向が明確になり、それは素人の目から見ても解るようなものだった。

脱退の発表があった時、「 あぁ、やっぱりなと言う気持ちとふざけんなって 」言う気持ちで涙も出ず呆然とした。だけど、仁のKAT-TUNで居る時の態度や、発言なり、最初の留学の時からの不安が払拭出来なかったのも事実で、きっと何かがあるだろうとずっと自分の中で小さなシコリがあった。KAT-TUNである事より自分としての道を選んだ。

 

脱退当初は彼のリリースも購入したし多少なりともまあ、応援していこうかなと言う気持ちもあったけれど今は疎遠になりつつある、あんなに好きだった仁の歌声は私の中ではもうソロの赤西仁である

 

だから時は怖い

 

田中聖

彼はずっとKAT-TUNで居ると約束した張本人だった そんないちばん辞めそうにない人が脱退した。正確に言えば解雇だった。

理由はプライベートでの素行に問題があった ジャニーズ事務所は副業が許されていない 、聖の噂はずいぶん昔から耳にする事も多くて「  今ジャニーズの壁をガリガリ削っている所 」とか事務所敵視発言があったり 週刊誌の常連かな?と思うほど狙われていた 他GさんからみたらKAT-TUNが怖いとか生意気だとか そんな事もたくさん聞こえてきていたけれど私は 聖の風貌は寧ろ好きだったしジャニーズらしくないとこやラップに関してはジャニーズの中では群を抜いていた。 聖のラップはKAT-TUNの代名詞とさえ言われていたし、甘く歌うギャプも 演技も好きだった 。誰よりも家族を愛し動物を愛しベタな言葉を使ってファンを喜ばせる そんな熱い奴が何だか元気がない… やつれたような表情でいた時があって私は少し心配になっていた。ヲタと言うものはちょっとした変化にも気がつく、そんな事を心配していた矢先に解雇のメール!

 

聖の時は怒りしか湧かなかった。考えても考えても怒りしか出てこない プライベートを優先させて事務所の再三の注意を聞かなかったと、解雇に至るまでどうゆうやり取りがあったのかはわからないけれど、実際解雇の理由が何かはわからない。だけどそうなる前にもう少しどうにかならなかったのだろうか…  ねぇ?聖…KAT-TUNが大好きじゃなかったの?一生KAT-TUNで居るって言ったよね?KAT-TUNの事よりもプラベが優先だった?なんかね、本当に残念で情けなくてあれは商業的な言葉だったのかと思えて

腹立たしくて仕方がなかった。

 

 だけど…解雇と言っても誤ちであり犯罪者ではない。 Twitterのタイムラインで流れる彼の近況を見ると元気そうでなによりと思う 彼も彼なりに きっともがき苦しんたのだろう。情はあるけれどそれ以上の感情はわかない。ただ一つだけお願いがあって、脱退の件を辞めた人みずからがネタにするのは止めて頂きたい。いじっていいのは現KAT-TUNとそこが認めた人だけ、特に聖は解雇された身分として自粛して。

 

聖もKAT-TUNのメンバーだった事は変わらない事実だし歴史の中のひとり。

聖も仁もそれぞれ活躍して欲しいと思う。田口君はこの先どうなりたのかもまだ見えないけれど彼なりに色々あるのだろうと思う、また芸能に戻るのか、またはまったく違う道に行くのか… それはわからないけれど、がっかりだけはしたくないしさせないで欲しい。

 

KAT-TUNは海外のグループのようだ!と友人が言った。だけど、それは日本の文化には馴染まない、仲良く右に習え!はみ出るな輪を乱すな!スキャンダルなんてもってのほか!仲良く笑っていて安心と言う事が膳である。

 

グループを出て個人を試したくそこに向かう、海外アーティストは当たり前であって、あまり驚く事でもない。ジャニーズにメンバー追加とかそうゆう女子アイドルのような制度や文化があったなら脱退や卒業もそこまで騒動にならないのかも知れない。亀ちゃんがメンバー追加もアリと(その場の流れの発言)していたけれどその考えも全然ありだと私は思う。ジャニーズ初のメンバー追加とか賛否も当然あるかも知れないけど、KAT-TUNの母体がしっかりある前提としてバックダンサーズとか絶対かっこよくなるんじゃないかなとか思いますけど… あくまで個人の意見なのでごめんなさい。

 

 

とにかく今日も明日も明後日もずっとKAT-TUNが好きです! ! !